退職代行ガーディアンが詐欺って本当?口コミと評判から検証!

退職代行ガーディアンが詐欺って本当?口コミと評判から検証!

退職代行サービスがマスコミ等で話題になったことで、近年多くの新規参入が見受けられる。
規制する法律もなく、特別な技術、資格や設備も不要ということで、退職代行サービスは比較的簡単に始めることができる。その中で生き残っていくため、今まで以上に他社と比較して違いを打ち出し、いい評判を得ていく必要があるだろう。

中には、申し込みを受けた後に音信不通となり、退職代行も実施しないといった悪徳業社も存在しているようだ。今回紹介する退職代行ガーディアンは詐欺業社とは違うのだろうか?

退職代行ガーディアンは、2020年2月から業務をスタートした新規参入組の退職代行サービスだが、合同労働組合が運営する退職代行サービスということで、依頼者に代わって合法的に交渉できる強みを持っている。

今回はこの記事で、退職代行ガーディアンの特徴やメリット・デメリットを、他社と比較をしながら評判や口コミをあわせて紹介していこう。

 

退職代行ガーディアンの特徴・おすすめポイントを調査

退職代行ガーディアンの特徴・おすすめポイントを調査

結論からすると退職代行ガーディアンは詐欺を行っている退職代行サービスではないようだ。
退職代行ガーディアンの特徴などを紹介しながら、詐欺業社との違いについても説明していく。

 

1.労働組合が運営

退職代行ガーディアンを運営しているのは、東京労働経済組合という東京都労働委員会に認証されている労働組合だ。退職代行サービスを会社法人が運営している場合、できることは単に退職の意向を代行して会社に伝えるだけだが、労働組合には、会社側と団体交渉する権利が法律的に認められている。退職に関わる日程調整や未払いになっている給料の請求も、依頼者に代わって交渉することができることが、一般企業が運営する退職代行サービスと比較して退職代行ガーディアンの大きなメリットという口コミや評判が広まっている。

 

2.スピーディーな対応

退職代行サービスを依頼する側の心理としては、一日も早く退職したい。そのために費用を払って退職代行サービスに依頼しているというところがある。退職代行ガーディアンでは、Lineを通じて依頼をすることができ、カード決済で入金が確認できれば、すぐに依頼者の退職に向けて手続きをスタートしてもらえると評判だ。早ければ当日の朝に相談して、その日のうちに退職することができたという口コミもあった。

一方で、申し込み後の対応が急に遅くなる。最終的には返事が来なくなるといった口コミも見られた。この部分において利用者からの満足度を得られなかったことから詐欺なのではないか?という噂が出ているようだ。運営歴が浅いため退職代行サービスのクオリティはまだ発展途上のようだ。

 

3.会社や上司に連絡不要

自分で退職の意向を伝えたとしても、会社の上司や担当者に強引に引き止められて、そのままずるずると続けてしまうという話はよくあるようだ。その席で上司から受けたきつい言葉から不快な思いをするケースもある。できれば自分で退職すると伝えずにすむならそうしたいところだ。
退職代行ガーディアンに依頼した場合、自分で会社や上司に連絡することは一切不要で、必要な連絡は退職代行サービスとしてやってもらうことができる。書類のやり取りや貸与物の返却も郵送等を使ってすませることが可能だ。

 

4.低価格

退職代行ガーディアンでは、退職代行サービスにかかる費用は、正社員・アルバイト・パート一律で2万9800円という低価格と評判だ。弁護士事務所で行っている退職代行サービスも会社と交渉可能ではあるが、比較すると費用が高く、未払い給与やサービス残業代の請求に関しては別途の成功報酬を払う必要がある。弁護士事務所と比較して、退職代行サービスにかかる費用が抑えられることは、依頼者にとってありがたいと口コミや評判がある。

 

5.スマホで完結

退職代行サービスを依頼しているのは20代ぐらいの若い層が中心である。この年代にとって、スマホが常に使っているコミュニケーション手段であるので、できればスマホで完結させたいところだ。退職代行ガーディアンでは、Lineを通じて相談と申し込みが可能であり支払いも画面上でカード決済することができる。申し込み後の連絡もLineを通じて送られるのでスマホ1台で、退職代行サービスの利用がすべて完結することができるのは、他の手段と比較して使いやすいところだ。

 

退職代行ガーディアンの評判や口コミ

では実際に退職代行ガーディアンに依頼した人たちの評判や口コミは、どうなのだろうか。スピーディーに対応してくれた、無事に退職できてよかった、という喜びの評判や口コミをみつけることができた。

“同期の人間が退職願いを提出したが、別室で延々と説得され退職を取りやめたのを見て、自分だったらなおさら無理だと思い、自力で退職するのをあきらめた。退職代行サービスを依頼して上司と話することなく退職が完了したのでとてもよかった。”

“労働組合が運営している退職代行サービスということで、お役所的なのかと思っていたが、スピーディーな対応で即日退職できた。”

“LINEで問い合わせしてから1時間ほどで退職代行を完了してもらえました。気持ちがしんどい時は、退職代行サービスを使うのがいいと思いました。”

“人手が足りないため、自分が辞めたら他の人が困ると思ってためらっていました。それでも退職代行サービスを頼んでよかったです。健康を害する前に辞められました。”

こうした声から、退職代行サービスを利用することで、つらい状況を抜け出すことができたという気持ちが伝わってくる。一般企業の退職代行サービスと比較して、労働組合なので何かあっても会社と交渉してもらえるので安心だという口コミや評判もあった。

良い意見も多かったが、残念な口コミや評判も見受けられた。

“会社から実家や自分へ連絡してくることはしないでほしいと念を押してお願いしていた。でも会社の上司に伝わっていないのかバンバン電話がかかってくる。それに対する対応も等に無し”
“せっかく退職代行サービスを依頼したのに、最終的には自分で会社に行く羽目に。返金の対象外って話でお金も戻ってこない”

 

退職代行ガーディアンの利用メリット

退職代行ガーディアンの利用メリット

1.追加料金なし

退職代行ガーディアンの料金は、正社員・アルバイト・パート一律で2万9800円という比較的低価格となっている。
相談回数、電話回数の制限はなく、労働組合に所属している限り、会社側との交渉回数に関係なくこの費用以外にはかからない。

他の退職代行サービスと比較すると、さらに低価格の料金を打ち出しているところもあるが、電話回数で追加料金が必要であったり、一部のサービスはオプション料金がかかったりする退職代行サービスもあるようなので、気を付けたいところだ。

 

2.交渉可能

退職代行ガーディアンを運営しているのは労働組合であるため、組合員に代わって会社側と団体交渉を行う権利が法律的に認められている。一般企業が運営する退職代行サービスでは認められていない交渉ができるということで、会社側としても退職の意向に対して適正に対応するようになると評判がある。

 

退職代行ガーディアンの利用デメリット

退職代行ガーディアンの利用デメリット

1.新しいサービスなので情報が少ない

退職代行ガーディアンは、2020年2月に正式にサービスを開始した新規の退職代行サービスのため、ネット上にも口コミや利用者の評判があまり見つからない。
他社と比較した評判や口コミの情報を見て判断したい場合や、過去の実績を知りたいという場合はネット上から情報を得るのが難しい。

情報が少ないことから詐欺なのではないかという疑いが出ている。今後、良い実績が積み重なっていけば自然と疑いは晴れるだろう。

 

2.すべての代行はできない

労働組合が運営しているということで、組合員に代わって会社側と交渉することは認められているが、退職に必要な書類の作成の代行や訴訟対応など、法律的に弁護士にしかできない業務の代行はできない。
退職にあたってこじれることが間違いなければ、はじめから法律事務所に相談することも検討しておいたほうがいいだろう。

 

まとめ

今後も退職代行サービスの依頼者はますます増えることが予想されている。退職代行サービスを提供する側は、より安心して依頼できるよう環境を作っていく必要がある。

退職代行ガーディアンは、労働組合が運営する退職代行サービスということで、立場が弱い労働者の味方として、これからも活動していくことが期待される。

だが、連絡が遅くなる、最悪は連絡が途絶えてしまうといった口コミも散見されている。歴史が浅いこともあり、サービスの質にはムラがあるようだ。

もしこれを読んでいる人で今の職場がつらくて今すぐ辞めたいと悩んでいるのであれば、他社とも比較の上、一度相談してみるといいだろう。

 

『退職代行サービス口コミ評判ランキングTOP20』で自分にピッタリな退職代行サービスを探す

退職代行サービス比較カテゴリの最新記事