ショップ店員は過酷な職業?退職代行サービスならすぐ辞めることも可能

ショップ店員は過酷な職業?退職代行サービスならすぐ辞めることも可能

販売業やショップ店員では未払い残業代等が深刻な問題になっており、それが原因でうつを発症し、新しく入った従業員でもすぐに辞めてしまうケースがある。
その為、退職代行サービスを利用して販売業をすぐにでも辞めたいと考えている方が増えているようだ。

今回は実際に販売業やショップ店員という職種で発生している未払い残業代に関するいくつかの事例と退職代行サービスを利用するまでの経緯を紹介し、どのようにしてに仕事をすぐ辞めることができたのか、その方法ついて解説する。

時間管理が不徹底な点

ショップ店員の業務は接客などが主な業務と一般的には思われがちだろう。
実際は接客以外にも(在庫管理)や(売り場づくり)の他様々な裏方的な業務があり、店員は開店時間の数時間前に出勤することがよくある。
しかし開店前、閉店後を「残業時間」としてカウントしない店舗もある為、未払い残業代が発生し従業員とトラブルになってしまう。
トラブルになったことですぐに辞めることもできず、思い悩んでしまった結果、うつ病を発症してしまうケースが発生しているようだ。

うつを発症してしまっては退職後の生活、未払い残業代についての話し合いにも支障をきたす恐れがある。
労働組合や弁護士事務所が運営する退職代行サービスであれば未払い残業代について交渉することも可能なため、すぐに退職代行サービスを利用するのも一つの手段だ。
また、退職代行サービスに依頼することで、職場に顔を出すことや上司と話し合いをすることなく、仕事をすぐに辞めることが可能なため精神的な負担が辞めることができる点もメリットである。

 

変形労働制の採用により残業代が不明瞭な点

アパレル業界の従業員の場合、変形労働時間制を導入している事が原因で残業代の未払いに繋がっているようだ。
この変形労働時間制が採用されている場合、1日に8時間の勤務を超過しても残業代が発生しない場合がほとんどである。
その為繁忙期などにおいても従業員は十分な残業代を支給されず、賃金と労働のバランスが取れずストレスを溜め、うつになって仕事を辞めるために退職代行サービスを利用ケースも多く見受けられる。

過重労働によりうつ状態に陥り仕事を辞める前に、退職代行サービスの利用による心身ともに健全な退職、その後の転職をおすすめしたい限りである。

 

退職代行サービスを利用した結果

退職代行サービスの迅速な処置により、スピーディー且つ円滑に、現状の厳しい職場状況から離れる事ができ、心身共に健全な状態に回復することができたようだ。
販売業に勤務し未払い残業代などのトラブル等に悩み、うつ状態に陥る前に便利な退職代行サービスを利用し、仕事を辞めるのも有効な手段だ。

 

『退職代行サービス口コミ評判ランキングTOP20』で自分にピッタリな退職代行サービスを探す

労働問題からの退職代行事例カテゴリの最新記事