今すぐ退職代行で即日退職したい。調理師の仕事はブラックで過酷。

今すぐ退職代行で即日退職したい。調理師の仕事はブラックで過酷。

日々仕事をしながら厳しい修行に耐えて一人前の調理師になる、という印象がある職種だ。
多くの人が下積みの時期は大変、辛いといったイメージを持っているだろう。
しかし、なかにはブラックな環境で仕事することを強いられている調理師もいる。

この記事では、そのようなブラックな環境に限界を感じ、退職代行サービスを利用して即日退職した調理師の実例を紹介する。

休憩時間もほとんど取れず、長時間労働は当り前。残業代も付かない。調理師は身に付けなければならない技術が多く、下積み時代にしっかりと技術を身に着けるため、雑用も含めてやらなければならない仕事が多い。
大量の仕事をこなすために朝早く出勤し、夜遅くに帰ることもざらにある。
調理師として早く一人前になるため、厳しい環境に身をおくことを覚悟はしていたが度を越していたようだ。

 

休憩時間もほとんど取れず、長時間労働は当り前。残業代も付かない。

朝は食材のチェックや仕込み、日中は調理補助に多忙で休む暇もない。
食事休憩は一応60分と決められているが、ちゃんと休憩を取ったことは一度もないだろう。まかないの食事も流し込むように食べて業務に戻る毎日。一般の企業では考えられないほどブラックな環境だ。

それでも調理師になるため歯を食いしばって頑張っていたつもりだったが、先輩からのパワハラで限界が来てしまった。
今まで教えてもらったこともない業務を押し付けられ、できていなければ暴言、時には暴力に発展することもあった。

休む暇もなく、体力を削っても給料が安い。しかもパワハラまで起きるブラックな環境。
精神的に限界を感じ、料理長に退職したいことを告げた。しかし、料理長からは、

「下積みの時は苦しくて当たり前。このくらい耐えられないならどこでも仕事はできない」

下積み時代は苦労しないといけないという習慣がまだ残っているらしく、結局は叱責されて話が終わった。

このままでは辞めることもできない、精神的に潰れてしまうと思い、辞める方法を探していたところ退職代行サービスを見つけた。

同じような環境で仕事をしていた調理師の口コミで、その日に即日退職できたという内容だった。

自分も退職代行サービスを利用して、ブラックな職場から即日退職できるなら退職代行サービスを利用したい。
その口コミでおすすめされていた退職代行サービスに相談して、自分も即日退職することができた。

下積み時代であることを理由にブラックな環境でも我慢して勤めることを強要する職場もあるようだ。
続けることができないと感じたら、退職代行サービスを利用して即日退職することも可能だ。

調理師は夢のある仕事だが、体や心に無理をかけたせいで辛い思いをする危険性もある。
自身の職場環境が正常な環境なのかを比較しながら仕事をしてもらいたい。

 

『退職代行サービス口コミ評判ランキングTOP20』で自分にピッタリな退職代行サービスを探す

労働問題からの退職代行事例カテゴリの最新記事