円満退職をするべき5つの理由/それでもダメなら退職代行を検討しよう!

円満退職をするべき5つの理由/それでもダメなら退職代行を検討しよう!

「ブラック企業」という言葉が広く世間に認知され、生涯雇用も保証されなくなった現代において転職は決して珍しい事ではなくなりました。転職をするときに新しい会社を探すのはもちろんですが、もう一つ忘れてはいけないのが「退職」です。

転職に伴い、例え会社に良くない想いがあったとしても多くの人は円満退職をして気持ちよく次の環境に向かう事を希望しますが、中には上司と言い合いになって退職が認められないなどズルズルと辞められず必要以上にエネルギーを使い精神的にも疲れてしまう場合もあります。

そこでこの記事では「円満退職をするべき5つの理由」を解説していきます

 

円満退職をするべき5つの理由

1. 懲罰解雇では、のちの転職活動にも影響を及ぼしてしまう

退職するにしても、これからの収入源が途絶えてしまっては困りますね。

理想は退職日までに次の仕事が決まっている状態です。次があるかないかでは、精神的な余裕も違います。もう行かなくなる職場だと思うと、言葉は悪いですが「もういいや」と、いい加減な気分になってしまうかもしれません。

ですが、仮に人間関係がそこまでになってしまうとしても、先のことは分かりません。

転職先で、もしかしたら前職に縁があった人がいる可能性だって、否定できないのです。

普通に仕事をしていれば、懲罰解雇なんて言葉も縁はないはずですが、もし万が一、会社に迷惑をかけてしまった、とか何らかのトラブルで懲罰解雇扱いになってしまったとしたら、その後の就職活動にも影響を与えてしまいます

懲罰なんて言葉とは、できるだけ無縁でありたいものです。

2. 自分にも相手にも前向きな退職理由を

転職、退職も「ひとつの節目」です。図らずも辞めることになったということもありえるでしょう。「立つ鳥後を濁さず」、「終わりよければすべてよし」の言葉のように、最後は気持ちよく締めたいところです。

退職するというと、どうしても後ろめたい気持ちが先立つかもしれません。ですが面接担当者も、そこは分かっているのではないでしょうか。

どんな状況であれ、退職のタイミングを迎えたといういうことは「ひとつの節目」を迎えたと思って、あえて「前向き」に捉えてみましょう。

動かなくてよい職場であれば、誰もわざわざ退職はしないはずです。面接ではネガティブ要素を含んだ「過去の職場の話」よりも、転職後にどうしていきたいのか、「プラスの要素」の方が、より重視されることでしょう。

今までの職場を飛び立ち、次の職場で「どのように自分を活かしていきたいのか」。自分のパフォーマンスを上げるつもりで振り返ってみると、きっと前向きな理由が見つかることでしょう。

 

3. 退職の意思は引き継ぎのタイミングを考えて伝える

勤め方によっては、引き継ぎ不要のポジションの場合もあるかもしれませんが、基本的には後任の方への業務引き継ぎや取引先、顧客へのあいさつ回りなども考慮して「やり残したまま」有休消化に入ることのないよう「時間に余裕を持たせた」対応が理想です。

引継ぎが終わっていない状態で職場を去るのは同僚に迷惑をかけるだけではなく、自分としても心配であり心苦しいものです。

営業など接客業なら尚のこと引き継ぎには余裕を持って、あいさつできなかった方がいないようにしたいところですね。退職時の対応がその職場ののちの「ブランドイメージ」を損ねてしまう可能性も考えられます。

退職を考え始めたら、自身の次の収入源確保のための就職活動をしつつ、引き継ぎスケジュールを考えるのがよいでしょう。

退職がうまくいかなくて落ち込む男性の画像

4. 一度決めた退職を貫こう

ポジションや成績などによっては、退職を「引き留められる」方もいることでしょう。

また、つい感情的になり「辞める!」といったものの、後から冷静に考え、「退職するのを止めたい。。」と思う場合もあるかもしれません。

もし仮に、一度退職の方向に向かった後に、熟考して「やはり今の職場に留まる」という選択もひとつですが、上司や同僚たちの心象は決して良いものではなく「あの人はまたいつ辞めると言い出すかわからない」「今も転職活動してるんじゃないの?」と思われてしまうものです。基本的にはしっかりと考えて一度「辞める」と決めたなら、その意思を通しましょう。

上司に退職の話を持ち出す時は「辞めようと思っている」と相談するのではなく、「辞めさせていただきます」と相談ではなく意思として報告するのです。

また、「退職撤回通知」といって、退職を辞めますという文書をもって撤回することもできます。ですがこれは、最終的な受理や処理がされるまでにしなくてはなりません。

衝動的に辞めることだけはせず、落ち着いて計画を立てられたら退職の撤回も必要ないはずです。後先を考えず「衝動的に辞めてしまった」ということだけは、避けたいものです。

 

5. 前向きに捉えてプラスに活かす

退職というと、どうしてもマイナスイメージが付きまとうかもしれません。

ですが本当にそうでしょうか。

きつい仕事で体調が優れない、人間関係がよくないのを我慢してどうにか続けている・・・など、ハードで不満をこらえながら続けているような仕事なら、その職場に留まる理由もないでしょう。体を壊しても、会社は守ってくれません。時には「逃げ道」も必要です。

ただし、ネガティブな問題をクリアにできないまま、次の職場に行くのは避けたいところ。

退職するのは前を向くため、今の職場を辞めるのは「より成長するため」と捉えれば、転職活動もポジティブにできることでしょう。

長年勤めてきた、職場環境や人間関係を「手放す」というのは勇気も必要なこと。嫌でしょうがない職場でも探してみると何かしら良い部分も見つかるものだからです。

会社が変わると、環境も変わります。もし仮に、今の職場環境で辛いことがあったり大失敗などが理由で、退職をせざるを得ない状況だったとしたら。それは、あなたにとって「ひとつの転機」なのかもしれません。

先のことは分かりませんが、いい流れが「そこまで来ているのかもしれない」と、前を向いて円満に退職すればきっと、道は開けてくることでしょう。

まとめ

退職して喜ぶ女性の画像

「円満退職をするべき5つの理由」はいかがでしたでしょうか。別にもう会わないんだし喧嘩別れしてもいい、と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、今回説明してきたような理由からできれば円満退職をするに越したことはありません。

しかし中には誠実に退職の手順を踏もうとしても、踏ませてくれない会社もあるでしょう。また、本人が納得いかない方向に話が進むこともあるかもしれません。そのような時には退職代行サービスを利用して一切会社の人とかかわりを持たずにスッキリと退職を済ませ、次の環境に進むというのも一つの有効な手段です。

 

『退職代行サービス口コミ評判ランキングTOP20』はこちら

退職の知識カテゴリの最新記事