調査結果

【会社員 夏休みと転職の実態調査】3人に1人は夏休み明けに転職を考えたことがある!会社に対して不満がある人、64.8%。会社に対する不満「給与が安い」「上司が理不尽」仕事での理不尽エピソード公開

人材総合サービスの株式会社スタッフサービス・ホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:阪本 耕治)は、20代から40代の会社員1,000名を対象に「夏休みと転職に関する調査」を実施いたしましたので、その結果を発表いたします。

<無料ダウンロードあり>いまどきの若者が辞める理由?早期離職者の生の声とアンケート結果を集めた「早期離職白書2019」を発行。2013年、2016年に続く三作目。

株式会社カイラボ(代表取締役:井上洋市朗)は新卒入社後3年以内で退職した人(以後、早期離職者)へのインタビューとアンケートの結果をまとめた「早期離職白書2019」を発行いたしました。早期離職をネガティブ離職とポジティブ離職を分け、それぞれの離職理由などの傾向をまとめました。ダイジェスト版の無料ダウンロードも可能です。

全国の転職希望者を対象に「退職」に関する調査を実施。退職時、会社からの引き留めにあった人は約6割。うち約2割がトラブルに発展

今回、当社を利用した全国の転職希望者に調査を行ったところ、退職の意思を会社に告げる際「言いにくい」と感じる人が70.5%にのぼることがわかりました。労働基準法で「退職の自由」が保障されているにも関わらず、多くの人が退職の意思を告げることに葛藤し抵抗を感じていることがうかがえます。

「辞めたくなったら辞める」は5割!派遣社員に学ぶ、雇用の流動化が高まる時代の”働き方”と”雇い方”。|2/5(火)派遣ではたらくホンネを聞く座談会開催

更新したくないと思いつつ、契約更新をしてしまった”経験があるかをアンケートとったところ、「ある:50%、ない:50%」という見事に真っ二つに分かれる結果に。 半分の方が、「更新したくない、辞めたい」と思ったら、更新タイミングでその現場を離れるという状況が伝わります。