パワハラが辛い、警備員が退職代行で会社を辞める方法を解説!

パワハラが辛い、警備員が退職代行で会社を辞める方法を解説!

警備員は、社内の人間以外にも自分が警備している現場元請業者や、一般作業者などの多くの人たちと関わる為、これらの人たちからのパワハラ等も発生し、退職代行サービスを利用して辞めたいと考えている人も多いのが現状だ。

今回はその警備員のパワハラ問題に焦点を向けて、仕事を辞める理由やそのパワハラの内容について詳しく解説を行い、厳しいパワハラにより疲弊してしまった人たちが退職代行サービスを活用し、スムーズ且つ円満に仕事を辞めるまでの経緯について解説していこう。

 

警備員のパワハラ事例その1 上司、同僚からのパワハラ

警備員を辞める理由は、先輩や上司から度々昼警備と夜警備を続けるなど、無理な仕事を押し付けられ、もしそれを断れば酷い暴言を吐かれたりしていました。
周りを気にすることなく人前で、私に激しい罵声を浴びせたりすることも度々ありましたので、仕事に嫌気がさしてしまい辞めることを決めました。

上記のような毎日を繰り返していれば、精神的にも肉体的にも疲れ果ててしまうのは当然の結果であり、退職代行サービスを利用し警備員を辞めるのも理解できる話である。

 

警備員のパワハラ事例その2 上司、同僚以外の人たちからのパワハラ

警備員は様々な建設現場などに赴き、様々な業種の人たちとの接点を持つことが多い。
以前、工事現場で警備をしていたところ、その現場の作業員に作業員たちがやるはずの仕事を強制的にやらされたことがありました。
1度や2度くらいならまだ良いのですが、その現場が終わるまでそのパワハラが続き、さらに他の現場でも同じようなことがあり、とても辛かったので仕事を辞めることを決意しました。

理不尽に自分の「警備員」以外の仕事までさせられていては肉体的、精神的に疲れ果ててしまう。その結果、自分の身を守るために退職代行サービスを活用するのも無理のない話である。

 

退職代行サービスを利用した結果

退職代行サービスを利用した方たちは、警備員という様々な形のパワハラが実在する仕事を退職代行サービスを活用し、スムーズ且つ円滑に辞めることができ、パワハラのストレスから解放され、精神的にも肉体的にも健全な状態になったようである。

警備員に限らずパワハラを理由に辞めることを検討する人は多くいる。しかし、辞めることをきっかけにパワハラがエスカレートすることを懸念して辞めることをためらう人もいるようだ。
退職代行サービスであればそういったリスクも無く、会社に出社せずに辞めることも可能だ。精神的に辛い、肉体的に厳しいと感じたら退職代行サービスを利用して会社を辞めることも検討するべきではないだろうか。

 

『退職代行サービス口コミ評判ランキングTOP20』で自分にピッタリな退職代行サービスを探す

労働問題からの退職代行事例カテゴリの最新記事