パワハラ続出で退職代行へ駆け込み!?実際にあった保育士のトラブル

パワハラ続出で退職代行へ駆け込み!?実際にあった保育士のトラブル

保育士は様々な労働問題やトラブルを抱えているというニュースを目にしたことがあるだろう。人員不足による長時間労働や過重労働、賃金の未払いや低賃金なども労働問題の一端として指摘されている。

 

保育士における労働問題として取りざたされているのがハラスメントによるトラブルだ。職場のハラスメントに悩み、退職代行サービスを頼る人は少なくない。特にパワハラによる退職代行サービスへの相談事例は他の労働問題よる相談事例よりも多い。
ここでは新人保育士が受けたパワハラ事例を紹介する。

 

「保護者や子供の前でも怒鳴られる」

新人として入社した保育士に対して主任の保育士が必要以上の叱責を行い、新人保育士は鬱になってしまった。

新人保育士は厳しい主任だが指導してくれているし、ミスをする自分が悪いのだから早く成長しようと日々努力していたが、主任からの叱責はエスカレートしていった。

ミスをすれば1時間以上に及ぶ𠮟責、ひどい時には反省文を書かされ、できるまで家に帰ることを許されなかった。他の職員の前でその日に起こしたミスを発表させられる、保護者や子供たちの前で怒鳴られることも度々あり、周りからの視線が本当に辛かったそうだ。

 

毎日職場で顔を合わせなければならず逃げることもできない。新人保育士は悩みを相談する同僚もおらず鬱病を患い、自身で退職の話をする気力も残っていなかったため、悩んだ末に知人から紹介された退職代行サービスを利用することにした。

 

相談した退職代行サービスは幼稚園教諭や保育士から相談を受けることが多く、またパワハラについても対応経験が多い退職代行サービスだったため、新人保育士は問題なく退職できることができた。

 

退職代行サービスへ相談する保育士は、パワハラを受けていても我慢することでトラブルが大きくなることを避けている方が多いようだ。

「自分さえ我慢していれば良い」

「何度も指摘されるのは自分に問題があるから」

しかし、小さなことでも毎日のようにパワハラがあっては自分だけで抱え込むのには限界がある。

退職代行サービスであれば退職希望者からパワハラを理由に退職したい旨の相談を多数受けているため、解決方法も熟知していて頼りになる。無理をせず退職代行サービスに相談するなど、解決策を模索する必要があるだろう。

 

『退職代行サービス口コミ評判ランキングTOP20』で自分にピッタリな退職代行サービスを探す

労働問題からの退職代行事例カテゴリの最新記事