退職代行はなぜやめとけと言われる?退職代行選びで後悔しないポイント

退職代行はなぜやめとけと言われる?退職代行選びで後悔しないポイント

退職代行を使うのはやめとけと言われることがあるのは、一部の業者に原因があるか、退職代行サービス選びに失敗してしまうからである。

今回は、「退職代行はやめとけ」という意見を聞いて不安になっている人に向けてなぜ退職代行業者を利用することについて「やめとけ」という意見があるのか、そして退職代行業者選びに失敗して後悔しないための対処法としてどんなものがあるのかを解説していく。

退職代行業者はやめとけと言われる原因5つ!

退職代行業者はやめとけと言われる原因5つ!
退職代行業者はやめとけと言われるのは、退職代行サービスに関する正しい知識が備わっていないことが原因である。
まずは、退職代行業者はなぜやめとけといわれるのか、その理由として考えられるものを5つ解説していく。どの理由も退職代行業者に関する適切な知識や退職代行サービス選びのポイントを理解すれば回避できる理由であるため、後悔しないためにもぜひ参考にしてみてほしい。

依頼費用がかかるから

退職代行サービスを利用する際には依頼料金が発生する。それを理由に「退職代行業者を使うのはやめとけ」という人がいる。「面倒くさいから」などの理由で退職代行業者に依頼するのであれば「料金がかかるのにもったいない」という意見があることは頷けるが、自力で退職できるのにわざわざ退職代行サービスを利用する人は少ない。多くの場合は、退職を言い出しにくい環境にあったり、性格的に引き止められたりすると断れないなど、退職に失敗する懸念があるからこそ退職代行業者を利用することを検討するだろう。

自分で退職を言い出せないままストレスが積み重なった場合、体調を崩す、うつ病になるなどの可能性もある。依頼料金は退職代行業者によって異なるが、退職代行業者への依頼料金以上に治療費がかかってしまう可能性もあるため、「依頼料金がかかるから退職代行業者はやめとけ」とは一概には言えないだろう。

退職に関する希望が叶わない場合があるから

退職代行業者は、運営元によって依頼料金も対応できる範囲も異なる。そのことを知らずに退職代行サービスへの依頼を行うと、退職者の希望内容が退職代行業者の対応範囲を外れていて、結果的に退職はできたが希望する条件は一部しか叶わなかったということにもなりかねない。
退職にあたって多くの人が持つ代表的な退職条件としては有給消化や未払い賃金の請求が挙げられるが、それに対応できるのは「労働組合」または「弁護士」が運営する退職代行サービスだけだ。そして、労働組合運営の退職代行サービスと弁護士運営の退職代行サービスでは料金相場にかなり開きがあるため、会社に損害賠償請求を行いたいなどの法律的な手段を検討している人以外は、労働組合運営の退職代行業者がおすすめである。

運営元による退職代行業者の違いについてもっと知りたいという場合には、下記の記事も参考にしてみてほしい。
◆弁護士、労働組合、民間、退職代行はどれが良い?評判を徹底比較

必要書類が届かない場合があるから

退職後の必要書類が届かないことがあるというのも、「退職代行業者を使うのはやめとけ」と言われる理由だ。必要書類が届かない原因として考えられるのは、「会社側が嫌がらせのためにわざと書類を送らない」または「退職書類の発行に関する交渉ができない退職代行業者に依頼している」という2つが考えられる。
どちらの場合であっても退職に関する要望を伝え、交渉することが認められている労働組合または弁護士運営の退職代行サービスへ依頼すれば解決する。

ただ1点注意が必要なのは、労働組合「連携」や弁護士「監修」と記載のある退職代行業者についてだ。この場合、実態をみると一般企業が運営する退職代行サービスと同義であることが多いため、そうしたケースでは必要書類に関する交渉ができない可能性がある。

詐欺まがいの業者も存在するから

「退職代行業者はやめとけ」と言われるのは、詐欺まがいの退職代行業者が存在していることで、すべての退職代行業者にネガティブなイメージを持つ人がいることも大きく影響している。一部詐欺まがいの退職代行業者が存在していることは事実であり、「退職手続きの途中なのに退職代行業者と連絡が取れなくなった」「結局自分で連絡を取る必要があった」などの口コミが投稿されていることもある。
しかし、退職代行業者の選び方さえ知っていれば一般的に「やめとけ」と言われる詐欺業者かどうかは簡単に見分けることができる。このあとの「退職代行業者選びで後悔しないためのポイント!」で詳しく解説しているため、退職代行業者選びに失敗して後悔したくない人はぜひ確認してほしい。

会社から直接連絡が来る場合があるから

どこの退職代行業者も、退職者に代わって退職意思を伝える際には退職者本人または関係者への連絡はしないよう会社に伝える。そのため、基本的には退職者へ会社から直接連絡が来ることはない。
ただ、会社によっては強引に退職者と連絡を取ろうとしてくるケースもないとは言い切れないため、「どうせ連絡を取らなければいけないのであれば、退職代行サービスはやめとけ」と勘違いをしている人もいる。
一方、自力で退職する場合には当然会社と直接連絡を取って手続きを進めることになるが、退職代行業者に依頼するのであれば、よほどのブラック企業でなければ基本的に会社から連絡が来ることはなく、たとえ連絡がきたとしても返信または返答する必要はない。

退職代行業者選びで後悔しないためのポイント!

上記では「退職代行サービスの利用はやめとけ」と言われる原因として考えられるものとその理由、対処法について解説してきた。結論としては、ほとんどの場合、退職代行業者選びさえ失敗しなければ「やめとけ」と言われる原因となっているような事態に発展することはない。

そこでここからは、退職代行業者選びで失敗して後悔しないために知っておくべきポイントを紹介していく。後悔のない退職をしたいという人は確認必須のポイントばかりであるため、ぜひチェックしてほしい。
男の退職代行のバナー

退職する際の要望が明確になっているか

退職代行サービス選びを行うにあたって最も大切なのは、退職する際の要望が定まっているかどうかである。退職者自身が退職する時にどんな要望があるのかを明らかにしておけば、それに対応できる退職代行サービスの運営元を選択し、これから紹介するような項目を確認することで適切な退職代行サービスを選ぶことができる。
「溜まっている有給休暇を消化したい」「失業手当の申請に必要な退職書類の発行を依頼したい」「会社に訴訟を起こしたい」など、まずは退職に関する要望を自分の中で決めておくことが大切だ。

退職に関する要望に対応できる業者か

退職する際の要望が定まったら、退職代行サービスの対応範囲と照らし合わせながら、実際に対応してもらえるかを基準に退職代行サービスの選定を行うと良いだろう。退職意思を伝えるだけであれば一般企業の退職代行サービスでも対応できるが、有給消化など何かしらの要望があるのであれば労働組合または弁護士運営でなければ対応はできない。また、損害賠償請求や訴訟をしないかぎりは労働組合の退職代行サービスで対応可能な場合がほとんどで、料金相場にも約2~7万円ほど差があるため、後悔したくないのであればその点も考慮して絞っていくことをおすすめする。

口コミの評判は高いか

口コミランキングの評判は利用者の声がリアルに投影されているため、ぜひ参考にすべきだろう。また、口コミの多さは実績の多さにも直結しており、口コミ数と内容をどちらも確認しておくことで該当の退職代行業者の評判や信頼度を計ることができるはずだ。
反対に、口コミが少なかったりネガティブな評判が多かったりする場合には、公式ホームページを確認した上で慎重に判断する必要がある。詐欺まがいの退職代行サービスに引っかかって後悔しないためにも、口コミは要チェックである。
口コミランキングや利用者の声について知りたい人は、下記の口コミサイトから評判を確認してみると良いだろう。

依頼料金が料金相場と合致しているか

詐欺まがいの退職代行サービスに見られる特徴として、依頼料金で他の退職代行サービスに差をつける傾向がある。そのような場合には、口コミでの評判が悪い、実績が少ないなど、他の退職代行サービスに勝てない部分を隠すために価格を下げていると考えられる。
料金相場については下記の記事でまとめているため、記載されている料金相場とかけ離れていないかどうかを確認した上で後悔しないような退職代行サービス選びを行ってほしい。

◆退職代行とは?初めての退職代行なら必見!退職代行完全ガイド

追加料金がかかるか

退職代行サービスの中には、追加料金がかかるものとかからないものがある。特に弁護士の運営する退職代行サービスでは、退職意思を伝えるほかに交渉なども行った場合、成功報酬として追加料金を請求されることがある。そのため、どのような基準で成功報酬が発生するのかをあらかじめ公式ホームページや事前の相談で確認する必要がある。また、一般企業や労働組合が運営する退職代行サービスであれば相談は基本的に無料で受け付けている場合が多いが、弁護士運営の場合は相談時点で料金が発生する可能性もあるため注意してほしい。

退職代行業者を使った方が良いケースとは?

退職代行業者を使った方が良いケースとは?
退職後に後悔しないための退職代行業者を見分けるポイントについては、上記で紹介したとおりだ。ここでは、実際どのような場合に退職代行サービスを使うことがおすすめなのかを紹介していく。
「退職代行はやめとけ」という意見もあることは確かだが、下記のシチュエーションに当てはまる場合、自力で退職するにはかなりハードルが高いため退職代行サービスの利用も検討すると良いだろう。

自分で退職を言い出せそうにない場合

「性格的に自分で退職したい旨を伝えるのが難しい」「パワハラ上司がいるため言い出せる環境ではない」など、自分で退職したいと伝えることが難しいという場合には、退職代行サービスの利用をおすすめしたい。言い出すことができずに時間がかかってしまうと、その間にもストレスは積み重なってしまい精神的な負担が大きくなってしまうため、身体に影響がでて後悔しないように決断をしてほしい。

会社が退職を認めてくれない場合

何度退職したいと伝えても会社側が退職を認めてくれない場合には、退職代行サービスを利用しなければ退職が難しい可能性がある。特に、人材不足などを理由に引き止めてくる場合には問題が解決に向かう可能性は低く、何度でも同じ理由で引き止めてくることが予想される。労働者には自由に退職する権利があるが、それを認めてくれないような会社は退職代行サービスを利用して退職するべきだろう。

1人で退職手続きをするのが不安な場合

初めて退職するという人に多いが、会社との退職に関するやりとりや手続き方法に関する知識がなく、一人でできるか不安という人は、退職代行サービスを利用すれば一気に不安を解消できる。また、退職後に転職するか、離職するかによって必要な書類は異なるが、どちらの選択肢を取ったとしても受け取りが必要な書類に関する適切なアドバイスを受けることも可能である。

トラブルになって後悔する可能性がある場合

退職したいと伝えたら会社とトラブルになることが目に見えているという場合には、退職代行サービスを使わない手はない。退職代行業者が第三者として間に立ってやりとりすることで、会社と退職者の両者とも冷静な対応ができるほか、専門的な知識をもつ退職代行業者が手続きや進捗状況に関する確認も行うため、退職者が損をして後悔することもない。

退職代行サービスに関するよくある質問5選

ここまでは、退職代行サービスが「やめとけ」と言われる理由やその対処法、後悔しない退職代行サービスを選ぶためのポイント、退職代行サービスを利用すべき人や職場の特徴について紹介してきた。

ここからは、退職代行サービスを利用する前に疑問を持たれやすい部分についてQ&A方式で答えていく。「やめとけ」という意見を聞いたことがあるという人が気になっている内容と重なるポイントばかりのため、後悔しないためにぜひ確認してほしい。

退職代行サービスは違法ではない?

退職代行サービスは、全く違法ではない。
「違法だからやめとけ」という意見があるとすれば、それは弁護士資格がないとできない行為を資格の無い人が行うことを表す非弁行為について言っているのだろう。運営元ごとに認められている対応範囲内であれば、違法行為にあたることはないため安心してほしい。

必ず即日退職できる?

退職代行サービスを利用すれば会社へ退職意思を伝えたその日から出勤する必要がなくなるため、実質的な即日退職が可能である。また、即日退職することができるため、退職者の懸念事項として挙がりやすい引き継ぎなども基本的には行う必要がなくなる。

正社員じゃなくても利用できる?

退職代行サービスは、アルバイトやパート、業務委託などあらゆる雇用形態に対応している。ただし、退職代行サービスによっては対応していない雇用形態が存在することもあるため、事前にホームページなどの情報をもとに自分の雇用形態にも対応できる退職代行サービスかどうかを確認しておくと安心である。

退職代行を使ったのは転職先にバレる?

退職代行サービスを利用したことが転職先にバレることはまずない。退職代行サービスに依頼する際、転職先の情報については一切知らせる必要がないため、退職代行業者が転職先へ情報を漏らすことはない。また、退職先も個人情報保護の観点から情報を漏らすことは考えにくいため、退職者自身がSNSで情報発信をしたり面接で思わず口を滑らせたりということがない限り転職先にバレることはない。

会社から訴えられる可能性はある?

退職代行サービスを利用したことが原因で損害賠償請求や懲戒処分されて後悔することはない。ただし、退職代行サービスを利用したかどうかは関係なく、退職以前に何かしらのトラブルを起こしていたり、会社に対して損害を与えたりしていた場合には訴えられる可能性もある。

(まとめ)退職代行業者の選び方が分かれば後悔する心配はない!

本記事では「退職代行サービスはやめとけ」という意見がある理由や、その対処法となる後悔しないための退職代行サービス選びのポイント、退職代行サービスを使うべきシチュエーション、よくある質問について紹介した。

「退職代行サービスはやめとけ」という意見を聞くことはあるかもしれないが、そのまま真に受けることで退職の選択肢をみすみす潰す必要はない。自力で退職する方法しかないのだと思い込んでしまうと、退職を言い出すまでに時間がかかってしまい我慢の限界を迎え、精神的に影響が出てしまうことも考えられる。

なぜ「やめとけ」と言われるのか、その理由を知っておくことによって退職代行サービス選びで後悔することがなくなり、次のステップへと進むことができるはずだ。今回の記事によって多くの人が、退職するための新たな選択肢となる退職代行サービスに関する知識を深めることができれば幸いである。

『退職代行サービス口コミ評判ランキングTOP20』で自分にピッタリな退職代行サービスを探す

退職代行サービスの知識カテゴリの最新記事