初めての退職代行サービスで会社を辞める方法をチェック!

初めての退職代行サービスで会社を辞める方法をチェック!

初めて会社を辞める際、会社にどのように辞めることを切り出せばいいのかわからない。
また、うまくスムーズに会社を辞められる方法はないかと考えている方も多いのではないだろうか。

このような初めて会社を辞める際におすすめできるのが、退職代行サービスだ。
とはいえ、名前は知っているが具体的な内容を知らないから信用していいのかと不安を抱えている人も多いはず。
今回は初めて退職代行サービスを利用する人に向けて、退職代行サービスとはどのようなサービスか、具体的な利用時の流れやメリット、デメリットなどを合わせて紹介していく。

 

初めての人のために、退職代行サービスって何?

初めての人のために、退職代行サービスって何?自分で辞めることを申し出た際、会社から引き留めにあったり、うやむやにされたり、退職を撤回されるなど、簡単に辞めることが出来なかったという話を聞き、不安を抱えている方も多いだろう。
引き留められることもなく、会社を辞める際に必要な手続きについても確認してくれるサービスが退職代行サービスである。

退職代行サービスを使えば、直接会社に辞めることを伝える必要はなく、退職代行サービスに会社を辞める意向を伝え、退職代行サービスから会社に連絡を入れてもらうことで退職することができるのだ。
退職代行サービスを利用することで、初めての退職でも会社に行って退職手続きをせずに退職ができることから、注目を集め続けているサービスとなっている。

 

退職代行サービスの一連の流れ

退職代行サービスとはどのようなものなのかを紹介したが、初めての退職であれば利用時の流れが気になる方も多いだろう。
ここでは、退職代行サービスを利用する際の流れを紹介していく。

基本的な流れとしては

・退職代行サービスに相談をする。
・費用を支払う。
・担当者と打ち合わせをする。
・退職代行サービス会社が会社へ連絡し、手続きを進める。
・退職承認の報告を受けて退職をする。

となっている。

まずは、退職代行サービスに連絡を入れ、退職代行を依頼する必要がある。
その後の打ち合わせでは、現在の状況や退職理由、退職代行サービスが会社に連絡を入れる日時や伝えてほしいこと、希望退職日などを伝えていくことになる。
この打ち合わせの内容を基に、退職代行サービスが会社へ連絡を入れ、希望した退職日を伝えてもらう。

その際に会社から退職代行サービスに伝えられた返却物やその返却方法を基に、手続きや対応をすることで退職が完了するという流れになっている。
初めて会社を辞める方でも、安心して利用できるだろう。

 

退職代行サービスのメリット・デメリット

退職代行サービスとは何か、利用時の流れは理解してもらえたと思うが、利用する際のメリットやデメリットも気になるのではないだろうか。
ここでは気になる退職代行サービスのメリットやデメリットを紹介していく。

 

退職代行サービスを利用するメリット

退職代行サービスを利用するメリット先に説明した通り、会社を辞めるということを自分の代わりに伝えてくれるのが、退職代行サービスである。
そのため、会社を辞める際の心理的なハードルが下がる点が大きなメリットと言えるだろう。

退職代行サービスに依頼した後は会社とやり取りをしなくても済むため、辞めたいけど辞められないという状況を改善できるのだ。
上司や同僚などと顔を合わせたくないという場合も、早ければ退職代行サービスに依頼したその日から、顔を合わせる必要がなくなる。
このように、本人に代わって辞める意向を伝えてくれ、会社や上司などと顔を合わせることなく辞めることができる点が、メリットである。

 

退職代行サービスを利用するデメリット

退職代行サービスを利用するデメリット会社に対し自分から辞める意向を伝え、退職をしていれば一切費用は発生しない。
しかし、退職代行サービスを利用することで、3~5万円程度の費用がかかってくるため、この点はデメリットと言えるだろう。

退職してしまうと給料がなくなるため、仕事を辞めることに費用をかけたとしても、退職後の生活に支障が出ないことも考慮した上で利用することをおすすめする。

また、初めての会社を辞める時に退職代行サービスを利用するとストレスなく、スムーズに退職ができるため、会社が嫌になったらすぐに退職をするなど、退職癖がついてしまう可能性もある。

そのため、退職代行サービスを利用する際には、会社を辞めることで少なからず会社に影響を与えているなど、責任感を持つことをおすすめする。

 

まとめ

退職代行サービスとはどのようなサービスなのか、利用時の流れやメリット、デメリットを紹介してきた。
退職代行サービスを利用することで、会社に対して直接辞めるという意向を伝える必要がなくなるため、退職のハードルを下げることができるというメリットがある。

一方で、費用がかかったり、退職癖がついてしまうといったデメリットもあるため、利用時には注意が必要だ。
辞めたいと思っているのに、惰性で働き続けてしまうことで精神的に参ってしまう可能性もある。そのため、自ら退職交渉ができない、上司に言い出しにくい環境で働いているという方は、是非退職代行サービスを利用してみてほしい。

 

『退職代行サービス口コミ評判ランキングTOP20』はこちら

退職代行サービスの知識カテゴリの最新記事