退職代行でも大事!円満退職するためのベストな退職理由6選

退職代行でも大事!円満退職するためのベストな退職理由6選

円満退職をするためのベストな退職理由に悩んでいる人もおおいのではないだろうか。
退職理由に悩み、なかなか会社を辞めたくてもやめらなれいという人向けの代行サービスとして注目されているのが「退職代行サービス」。
「退職代行サービス」というのは、退職に関する交渉ではなく、会社と労働者の間に入り、退職の意思を労働者の代わりに伝えるサービスである。

ただ、退職代行サービスに依頼したからといって退職理由がなんでも良いというわけではない。
退職理由を誤ると後々面倒なことになる可能性もあるため、雇用主にきちんと理解してもらい、納得してもらったうえで退職するのがあと腐れなく円満に退職できるベストな方法だ。

そこで今回は、会社を円満退職できる6つの退職理由について解説していく。

円満退職するためのベストな退職理由6選

【円満退職をするためのベストな退職理由①】

キャリアアップするための退職

退職理由で最も納得してもらいやすいのが「キャリアアップ」のための転職である。
現状に不満があって辞めるという理由ではなく、自身のレベルアップのために退職するという前向きな理由であれば、会社側からしても納得しやすく、止める理由にもならないからだ。

さらに、転職する際に必ず聞かれる「前職の退職理由についての対策」にも繋がる。自身のキャリアアップのためにチャレンジする姿勢は採用担当者から見てもかなり好印象だ。お互いにあと腐れなく円満退職でき、退職した後も会社や同僚と関係性を繋げておきたい人にはオススメの退職理由である。

【円満退職をするためのベストな退職理由②】

他業界でチャレンジするための退職

他業界でチャレンジしてみたいという退職理由は、「キャリアアップ」するための退職理由のように前向きでポジティブな転職理由であることから円満退職に繋がりやすい。

好きなことや興味があることが日々変わるのはごく自然なことなので、上司や会社に不自然に思われることもない。むしろ、上司や同僚が背中をおしてくれることもあるのだ。
自身の夢の実現のために退職したいと考えている人にはオススメの退職理由である。

【円満退職をするためのベストな退職理由③】

結婚を理由に退職する寿退社による退職

これまでも女性の退職理由として広く浸透されていた「寿退社」。現代では、女性が結婚したからといって会社を辞めるという考え方があたりまえではないことから、寿退社を理由に退職するのは心苦しいと考える女性もおおいようだ。

結論からいうと、寿退社も円満な退職理由になり得る。退職理由が本当に結婚や妊娠であれば尚更のこと、会社に祝い金をもらうぐらいの強気の姿勢で退職しても問題ないのだ。
ただ実際、寿退社ではないのに下手に嘘をついて、後々バレてしまうのは印象が悪いため注意が必要である。

【円満退職をするためのベストな退職理由④】

家庭の時間を大切にするための退職

現在、働き方改革などによりワークライフバランスを考えた労働時間などの見直しが積極的に行われている。
しかし、労働時間が少なくなったとはいえ、家に持ち帰って仕事するなど、根本的な解決には至っていない会社もおおいようだ。
そのような背景を踏まえて、家族との時間を大切にしたいという理由も会社側からすると納得せざるおえない理由になる。

また、親の介護や農家などの家業を継ぐという理由も円満退職できる理由になりえる。退職理由を考えるうえで、やむを得ない事情を話すことも円満に退職するうえでは重要なことなのだ。

【円満退職をするためのベストな退職理由⑤】

健康問題解決にむけての退職

不規則な労働時間や長時間労働によって健康被害にあわれる方もおおいのではないだろうか。
健康問題を抱えたまま働き続けるのは、あなたにとっても会社にとっても最善とはいえない。症状が重くなってから退職しても転職にむけて頑張ろうというモチベーションの維持が困難である。

病院の診断書などを提示することで会社側も納得するうえに、病気を治すための退職ならば、やむを得ない事情+前向きな印象を与えることができるので円満退職に繋がる。

【円満退職をするためのベストな退職理由⑥】

資格取得のために退職

難易度が高い国家資格の取得などに向けて勉強するための退職は円満退職しやすい理由になりうる。
なぜなら、忙しい仕事であればあるほど勉強する時間がないことは会社の同僚・上司が一番理解しているからだ。自身のさらなるスキルアップのために会社を辞めるというのはポジティブな印象を与え、同僚や上司とも縁を切ることなく円満に退職できる。
仕事柄どこかで繋がるかもしれないというあなたへの期待も含めて、背中を押してくれることもあるのだ。

【まとめ】

今回の記事では、円満退職できる理由を6つ紹介してきた。
円満に退職したいのであれば、なるべく本音をいわず、どう伝えたら上司や会社に納得してもらえるかを一番に考えなくてはならない。
会社や上司、同僚に対するネガティブな退職理由は避けるのが良いだろう。会社などに恨みがある人にとっては不本意かもしれないが、本音と建前を上手に使い分けてこそ、後腐れなく円満退職できるのだ。

また、自ら会社と連絡するのが嫌な場合は、「退職代行サービス」を利用するのがオススメだ。退職代行サービスを利用する際にも上記のような退職理由を用意しておくと円満に話が進むので参照していただきたい。
今回の記事があなたの円満退職の参考になれば幸いである。

 

『退職代行サービス口コミ評判ランキングTOP20』で自分にピッタリな退職代行サービスを探す

退職代行サービスカテゴリの最新記事