退職代行で有給消化はできる?絶対有給消化したい人の注意点とは

退職代行で有給消化はできる?絶対有給消化したい人の注意点とは

退職代行サービスでも有給休暇を消化することはもちろん可能である。

今回は、退職代行を使っても有給消化することができる根拠と会社が拒否できない理由、有給消化してから会社を辞めるための基礎知識について紹介していく。
「有給休暇とは何か」からはじまり退職代行を使って有給消化したい人が知るべき注意点やメリットについても解説していくので、ぜひ参考にしてもらいたい。

【結論】退職代行を使っても有給消化はもちろん可能!

男の退職代行のバナー

結論からいうと、退職代行サービスを利用しても当然有給消化は可能であり、むしろ自分で有給消化について言い出しにくい人にとっては、退職代行サービスを利用することでよりスムーズに有給消化を叶えられるといえる。

前提として、有給消化は法律で労働者に認められている権利であり、会社が理由もなく拒否すると違法行為として処罰の対象になる。そのため、基本的に会社が有給消化を拒否することはないといえる。
また、万が一会社に有給消化を拒否されても、このあと紹介する退職代行サービス選びの注意点をもとに適切な退職代行サービスへ依頼すれば、交渉の上で有給消化を叶えることができる。

有給休暇は正社員にのみ与えられるものと考えている人も多いが、一定の条件を満たしていれば正社員だけではなくアルバイトやパートとして働いている人も付与対象である。
有給休暇が付与される条件については、このあとの「有給消化したい人の必須知識!そもそも有給休暇って何?」で紹介しているため、自分に有給休暇が何日付与されているのかを知りたいという人はそちらも併せて確認してほしい。

有給消化したい人の必須知識!そもそも有給休暇って何?

ガイア総合法律事務所の評判や口コミ上記のとおり、退職代行サービスを利用しても有給消化することはもちろん可能だ。
むしろ、退職に関して不安があるというケースでは、「退職を言い出すだけでもキツいのに有給消化まで言えなさそう」「拒否されたら言い返せない」という人も多いだろう。

そのような状況で退職代行サービスを利用していれば、不安なく退職することができるだけでなく、気まずい思いもせず、有給も希望通り消化して退職することが可能だ。たとえ会社が拒否しても退職代行サービス事業者はそういた状況への対応策を有しているため、拒否されたままにならず有給消化を叶えることができる。

一方で、有給消化したいという人の中には、そもそも有給休暇が付与されているかわからない人や、付与されているとしても何日残っているかわからない人もいるだろう。
ここでは、有給消化のために必要な有給休暇に関する基礎知識について紹介していく。

有給休暇って何?拒否されることもある?

有給休暇とは一定期間働いた労働者に与えられ、日頃の勤務で蓄積した疲労の回復や精神的ゆとりを持った生活を保障するためのものである。有給休暇という名前にもあるように、給与が発生した状態で休むことができる点が特徴だ。

下記の2点が有給休暇を取得する前提条件になるが、逆にいえばこの2つさえ満たしていれば、正社員だけでなくアルバイトパートとして雇用されている人も有給休暇を付与される対象となるのだ。

<有給付与の条件>
・雇入れの日から半年間継続的に勤務していること
・全労働日の8割以上出勤していること

具体的に何日の有給休暇が付与されるかについては、勤続年数や週何日勤務しているかによっても異なるため、下記を参考に計算してみてほしい。

【正社員】参考:https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/faq_kijyungyosei06.html
【アルバイト・パート】参考:https://townwork.net/magazine/knowhow/low/40078/

また、有給消化に関するワードとして、時季変更権について聞いたことがある人もいるかもしれない。

時季変更権とは「休まれると事業が通常通り回らなくなる」という場合に会社側が行使できる権利だが、退職時にこれを行使して有給消化を拒否することはできない。
退職予定日までの期間以上に有給休暇が残っている場合は、時季変更権を行使して有給消化を拒否することはできないと定められているためだ。

そのため、本来会社側が拒否することはできないものの、退職者から有給消化したい旨を伝えた場合には嫌がらせとして拒否してくる可能性もあるだろう。信頼できる退職代行サービスに依頼しておけば、例え拒否されたとしても正確な知識をもとに対応してもらうことができるため、問題なく有給消化ができる。

退職後、有給消化できなかった分はどうなる?

仮に会社から拒否されて有給消化しなかった場合、残っている有給休暇は退職後にどうなってしまうのか、気になっている人もいるだろう。

結論、残った有給休暇は退職すると消滅してしまう。

そのため、退職に関して損をしないための注意点としては、有給消化が完了した次の日を退職日として設定することが挙げられる。
上記の表を参考にして自分で有給日数を導くか、人事または総務の担当者に確認しておくことによって有給休暇が何日残っているのかを事前に把握しておくことをおすすめしたい。

有給消化したい人必見!退職代行選びの注意点とは

退職代行サービスを利用して有給消化した上で辞めたいという人は、いくつかの注意点を知っておかないと退職代行サービス選びに失敗して有給消化を拒否されたり、トラブルになったりする可能性がある。
これから退職代行サービスで有給消化して退職したい人が知っておくべき注意点を紹介していくが、退職代行サービス選びの際には3つの注意点すべてを満たす退職代行サービスを選んでほしい。

有給消化の注意点① 対応範囲の違い

まず、退職代行サービスには労働組合運営、弁護士運営、一般企業運営の3つがある。それぞれ対応範囲が異なっているが、今回のテーマである有給消化に関する交渉ができるのは、労働組合運営と弁護士運営の退職代行サービスだけである。
一般企業運営の場合は、退職意思を伝える以外に対応ができないため、有給消化を拒否された場合などでも交渉する権利がなく、有給消化できないまま退職させられる可能性もある。
その点、労働組合や弁護士運営であれば、万が一有給消化を拒否されても交渉することができるため安心だ。

運営元による対応範囲について詳しく知りたい人は下記も参照してみてほしい。

◆退職代行は弁護士・労働組合・民間どれがおすすめ?評判を徹底比較

有給消化の注意点② 口コミやランキングサイトでの評判

有給消化した上で即日退職できる退職代行サービス選びの注意点として、口コミやランキングサイトでの評判は見逃せない。
口コミやそれらをもとにしたランキングサイトには、退職代行サービスを実際に利用した人のリアルな声や、次に利用する人に伝えたい注意点なども書かれている。
例えば、対応のスピードや回答内容の適切さ、会社とのやりとりに関する報告の丁寧さなど、利用しなければわからないような細かな口コミも多い。
利用者が投稿している口コミに書かれている注意点を確認することはもちろん、会社に有給休暇や退職を拒否された場合にどう対応してくれたのかなども視野に入れておくことをおすすめする。
退職代行サービスに関する口コミが気になる人は下記も参考にしてみてほしい。
《口コミランキングボタン》

有給消化の注意点③ 依頼金額と料金相場との整合性

絶対に有給消化できる退職代行サービスを選ぶための注意点として、依頼料金が料金相場に合致しているかどうかが挙げられる。

退職代行サービスの中には、できるだけ安く退職を完了させたいという退職者の心情を利用して、依頼金額を相場と比較して格安に設定している悪質な退職代行サービスも存在している。そのような退職代行サービスに依頼をしてしまうと、トラブルに発展して有給消化どころではなくなってしまう可能性すらあるため、注意が必要だ。

また、追加料金の有無なども退職代行サービスによって異なっているため、比較検討は必須だ。公式サイトなどに記載されている場合もあるが、記載がない場合には無料相談の時点でどこから追加料金が発生するのかを確認することをおすすめする。
自分の退職に関する要望をすべて叶えるための金額が結果的にいくらになるのかを確認しておくというのも、見逃すことのできない注意点だ。

労働組合が運営している場合 27,000円から33,000円
弁護士が運営している場合 55,000円から120,000円
一般企業の退職代行業者が運営している場合 25,000円から29,000円

ここが推せる!退職代行で有給消化するメリット4選!

適応障害なら退職代行サービスで即日退職すべき退職代行サービスを利用しても有給消化できることやその理由、有給消化したい人が知っておくべき基礎知識・注意点についてはこれまで紹介してきたとおりである。

それらを踏まえた上で、退職代行サービスを使って有給消化する場合に退職者のメリットとして挙げられるものを4つ紹介していく。

メリット① 自分で伝える気まずさがない

退職代行サービスを利用して有給消化できるかどうか気になっている人は、有給消化して辞めたいと自分で伝えることに不安があることはもちろん、会社を辞めたいという意思を伝えること自体にも懸念があるのではないだろうか。
「上司に有給消化を拒否されそう」「何度も引き止めにあっていて辞められる気がしない」「有給休暇を使ったことがなく申請方法がわからない」など理由は様々あると思うが、すべての不安を払拭できるのが退職代行サービスだ。

退職意思を伝えることさえ気が重いという状況で有給消化まで伝えるというのは精神的な負担が大きいことに加えて、万が一上司が拒否してきた場合には、丸め込まれて有給消化に失敗してしまう可能性も考えられる。
そのような場合、これまでに紹介した注意点を踏まえて信頼できる退職代行サービスに依頼しておけば、退職意思や有給消化の要望を伝えるなど会社との直接的なやりとりはすべて退職代行サービスが第三者として行うため、気まずさや拒否されて流されてしまう懸念が一切なくなる。

即日退職できる上に有給消化も可能になるという退職代行サービスの特徴は、退職に関して不安や懸念を持つ退職者にとっては大きなメリットになるといえる。

メリット② 即日退職できる

退職代行サービスを利用すれば、退職代行サービス業者が会社へ退職意思を伝えたその日から、退職者は出勤する必要がなくなる。退職日までの間に有給消化することによって、出勤していない期間も給与を受け取ることができるということだ。
また、出勤をしなくて良いということは引き継ぎをする必要がなく、退職日までに嫌がらせをされたり気まずい時間を過ごしたりすることもない。退職に関して不安を抱えている人にとっては、これ以上ない退職方法だといえるだろう。

退職代行サービスが即日退職できる仕組みについては下記も参照してほしい。
◆有給休暇が無くても即日退職。退職代行ですぐに辞められるのは何故?

メリット③ 転職活動を進められる

退職代行サービスを利用して即日退職が可能になるということは、出勤していない期間で転職活動を進めることももちろん可能になる。

一般的に自分自身で退職する場合は、基本的に退職日までの期間で引き継ぎを行うことになるため出勤する必要があり、引き継ぎに時間を奪われて転職活動を思うように進めることができないことも多い。しかし、退職代行サービスを利用した場合は有給消化している期間で転職活動を思う存分進めることができるため、実に効率的な退職方法だといえる。

メリット④ 経済的な負担を軽減できる

退職後は、一度休職期間を設ける人もいれば転職する人もいるでしょう。しかし、どちらのケースであっても退職時に転職先が決まっていなければ経済面で不安が残ることになります。

そのような場合でも、退職代行サービスを利用して有給消化しておけば有給消化中も給与が発生します。そのため、経済的にも精神的にも余裕が生まれるはずです。休職と転職どちらにしても、気持ちに余裕が無ければ精神衛生上は良くありませんので、退職代行サービスを利用して有給消化することをおすすめします。

(まとめ):退職代行なら有給消化して即日退職も可能!

今回は、退職代行サービスを利用しても有給消化はもちろん可能であること、有給休暇に関する基礎知識、絶対に有給消化したい人に向けた退職代行サービス選びの注意点、退職代行サービスで有給消化するメリットについて紹介してきた。

繰り返しになるが、退職代行サービスで即日退職し、退職日までの期間で有給消化することは可能である。
ただし、「有給消化したい人必見!退職代行選びの注意点とは」で記載した有給消化の注意点①でも紹介しているように、有給消化に関する交渉は労働組合または弁護士運営の退職代行サービスでなければ対応ができないというのは、忘れてはならない注意点だ。

 

『退職代行サービス口コミ評判ランキングTOP20』で自分にピッタリな退職代行サービスを探す

退職代行サービスの知識カテゴリの最新記事