ブラック企業

ブラック企業ならすぐ退職代行へ、過労も心配される営業の実態

「営業」という職種において不当な長時間労働による過労や上司からのパワハラ等が深刻な労働問題を抱えているブラック企業を頻繁にメディアが取り上げている。ここでは実際に起きたパワハラ事例などブラック企業の実態を紹介していこう。

パワハラの定義?定義と口コミから退職代行の実例について分かりやすく解説

厚生労働省の調査では、都道府県労働局等に設置した総合労働相談コーナーに寄せられる「いじめ・嫌がらせ」に関する相談は年々増加しているとのこと。こうした「いじめ・嫌がらせ」の大半はパワハラ(パワーハラスメント)によるものだ。 「パワハラ」という言葉が世に知られるようになったのが2001年ごろ。すでにパワハラが問題といわれるようになって20年が経過している。2020年6月にパワハラ防止法が施行され、マス […]

退職代行なら損害賠償は無い?事前に準備したいリスク回避法を解説

会社を辞めることで損害賠償を請求されるのではないかと不安になる人もいるだろう。ここでは損害賠償を請求されることはあるのか、もしあるとすれば、どんな失敗をした場合なのか、損害賠償を請求されないためのリスク回避方はあるのかといったことを紹介していく。

ハラスメントは増加傾向?退職代行を使ってもう我慢しない。

パワハラ、セクハラをはじめ、様々なハラスメントが増えており、全国での相談件数も増加傾向にある。ここではハラスメントのある職場から退職代行サービスを利用して即日退職した人たちの体験談と退職代行サービスをおすすめする理由について記述する。

パワハラ経験4割以上!?現在働いている人1000人に聞いた「パワーハラスメントに関する調査」

新入社員も入ってくる4月に気を付けたいパワハラ。 企業規模が大きいほどパワハラ対策は充実している一方、パワハラ体験者も多いことが判明。   総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2020年2月14日(金)~2020年2月17日(月)の4日間、現在働いている人1000名を […]

勤め先がブラック・・・そんな時は退職代行で安心の退職を!

ブラック企業で働かないためには、ブラック企業とはどういった企業を指すのかを知っておくことが重要。そこでこの記事では、ブラック企業の見極め方とブラック企業を退職する方法を紹介。ブラック企業・ブラックバイトをいますぐ辞めたい人は参考にしてほしい。

退職代行の利用をおススメ!辞める時にバックレてはいけない理由

「会社にいくのがつらい・・・」 「会社を辞めたい・・・」 などの理由でお悩みの方のなかには、「会社をバックレてしまおう!」と考えている方もおおいのではないだろうか。 結論からいうと会社をバックレた場合、懲戒解雇処分や損害賠償請求される可能性がある。とはいえ、自分から退職したいと上司や会社にいいづらいもの。 そこで今回は、会社をバックレずに退職する方法を紹介していく。退職後のトラブルを避けたい人はぜ […]

なぜ失敗しないのか、退職代行サービスが退職に成功する理由。

さまざまな理由により退職をしたくても退職できない人がおおく利用するのが「退職代行サービス」である。では実際に「退職代行サービスを利用すれば本当に退職できるのか!」について今回は徹底解明していく。

退職代行って何をしてくれるの?退職代行サービス10の疑問

退職希望者が退職代行サービスを利用して退職しようとする時、どこまでやってくれるのかなど不安になるだろう。また、自分でやらなくてはいけないことなどもどれくらいあるのか分からない。ここでは退職代行サービスを利用するときに、よくある質問を10個挙げて答えていく。

退職代行サービスは違法?弁護士じゃないと非弁行為と言うけど…

退職代行サービスは違法なのか?また、どこからが非弁行為になるのかというのは退職代行サービス利用者にとっては非常に重要な問題だ。退職代行サービスが違法となる場合はどのような場合なのか?逆にどこまでなら違法行為にならないのかを具体例を挙げながら説明する。

【2019年若者の離職意向に関する調査】入社3年以内、『退職予備軍』は約5割

多様な働き方の調査研究機関「ツナグ働き方研究所(https://tsuna-ken.com/ 株式会社ツナググループ・ホールディングス/本社:東京都千代田区/代表取締役社長:米田光宏)」は、17~29歳の正社員・契約社員・公務員の若者を対象に、「就業意向に関する調査」を実施しました。入社3年以内の若者に対し、4月末時点においての退職意向と、意向があればその理由について調査、結果をとりまとめましたので、ご報告いたします。

「辞めたくなったら辞める」は5割!派遣社員に学ぶ、雇用の流動化が高まる時代の”働き方”と”雇い方”。|2/5(火)派遣ではたらくホンネを聞く座談会開催

更新したくないと思いつつ、契約更新をしてしまった”経験があるかをアンケートとったところ、「ある:50%、ない:50%」という見事に真っ二つに分かれる結果に。 半分の方が、「更新したくない、辞めたい」と思ったら、更新タイミングでその現場を離れるという状況が伝わります。